交通事故治療

交通事故治療

まず最初にお電話でご相談ください!

交通事故による後遺症やケガ(むちうち症・骨折・捻挫・打撲)は適切な治療が必要となるため、
早めにご相談ください。

まず事故にあったら・・必ず病院へ行き、レントゲンを撮り診断書を書いてもらいます。この時点での診断書はあくまで見込み診断書となるので、あとで(事故後1週間~10日間)書き直しも出来ます。それを警察に提出して、はじめて人身事故扱いとなり治療を受けることができます!その診断書をもらうときのポイント!!事故直後は肉体的・精神的ショックにより興奮状態となり体内よりアドレナリンという痛みを抑える物質が出ます。それによりあまり痛みを感じない事が多いのです。だからと言って「大丈夫です!」と言ってしまうと後で痛みが強くなる恐れがあるため、必ず病院へ行き、診断を受けることをおすすめします。その際、わずかでも、痛みや違和感といった不具合があるところは全て医師に伝えてください。例えば、相手に悪いから・・・など遠慮してしまい謙虚に「首だけかな~他は大丈夫かも」など言ったため、診断書は頸椎捻挫1部位のみとなり、後で肩や腰が痛くなっても医師の診断の部位のみの治療費しかでないため、他の部位の治療はできません。言うだけ言って、例えば  1.頸 2.肩 3.背中 4.腰と4部位の診断書を書いてもらえば、その後何でもなければ
それはそれでいいですし、もし痛みが出た場合はその部位もしっかり治療が出来ます。もし何も知らず最初の診断で1部位と書かれてしまっても、事故後1週間~10日以内であればもう一度「実は事故の翌日から肩や腰が痛くなってしまった。しっかり自賠責保険で治療を受けたいので、もう一度診断書を書いてほしい」などと病院で伝えれば書いてもらえます。

まず事故にあったら・・必ず病院へ行き、レントゲンを撮り診断書を書いてもらいます。この時点での診断書はあくまで見込み診断書となるので、あとで(事故後1週間~10日間)書き直しも出来ます。それを警察に提出して、はじめて人身事故扱いとなり治療を受けることができます!その診断書をもらうときのポイント!!事故直後は肉体的・精神的ショックにより興奮状態となり体内よりアドレナリンという痛みを抑える物質が出ます。それによりあまり痛みを感じない事が多いのです。だからと言って「大丈夫です!」と言ってしまうと後で痛みが強くなる恐れがあるため、必ず病院へ行き、診断を受けることをおすすめします。その際、わずかでも、痛みや違和感といった不具合があるところは全て医師に伝えてください。例えば、相手に悪いから・・・など遠慮してしまい謙虚に「首だけかな~他は大丈夫かも」など言ったため、診断書は頸椎捻挫1部位のみとなり、後で肩や腰が痛くなっても医師の診断の部位のみの治療費しかでないため、他の部位の治療はできません。言うだけ言って、例えば  1.頸 2.肩 3.背中 4.腰と4部位の診断書を書いてもらえば、その後何でもなければ
それはそれでいいですし、もし痛みが出た場合はその部位もしっかり治療が出来ます。もし何も知らず最初の診断で1部位と書かれてしまっても、事故後1週間~10日以内であればもう一度「実は事故の翌日から肩や腰が痛くなってしまった。しっかり自賠責保険で治療を受けたいので、もう一度診断書を書いてほしい」などと病院で伝えれば書いてもらえます。

お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせはこちらをクリック

もし交通事故後のあなたが以下のようなことで悩んでいるのであれば、ご相談ください!・ムチウチで悩んでいる ・事故直後は何ともなかったが後から辛くなってきた ・手足の痺れがなかなか改善してこない ・頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、視力障害、首が回らないなど ・見た目は健康なので、ムチウチに辛さを理解してもらえない ・レントゲンでは写らない筋肉や軟部組織の痛み、つらさ

もし交通事故後のあなたが以下のようなことで悩んでいるのであれば、ご相談ください!・ムチウチで悩んでいる ・事故直後は何ともなかったが後から辛くなってきた ・手足の痺れがなかなか改善してこない ・頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、視力障害、首が回らないなど ・見た目は健康なので、ムチウチに辛さを理解してもらえない ・レントゲンでは写らない筋肉や軟部組織の痛み、つらさ

当院では、交通事故後遺症に対応した、自賠責保険を取り扱っております。
相手側の保険使用の場合、基本的には患者様の治療費用負担はございませんのでご安心ください。

交通事故治療の流れ

患者さんから十分に問診・視診・触診、そして検査をさせていただき、
お一人お一人にあった最善の治療方法を考え、丁寧に治療を行っていきます。

STEP1

当院へお越しになる際に

救急車にて搬送された方、他院で検査・治療を受けた方
もし紹介状をお持ちでしたら、それをご持参ください。(無くても問題ありません) ※保険会社の担当者に「鍼灸整骨院とまり木に通院する」と連絡してください。
病院を受診していない方
保険会社の担当者に「鍼灸整骨院とまり木に通院する」と連絡してから当院へお越しください。提携病院にて検査を受けて頂きます。その後は当院にて施術いたします。 
STEP2

警察署に診断書を提出

搬送された院や他院での診断書、或いは提携病院にて検査を受けて頂いたあと当院でもお書きする診断書を所轄警察署に提出いたします。
STEP3

検査結果・施術方法の説明

検査結果をもとに、さらに問診・視診・触診・徒手検査・超音波観察などで、怪我や病態の程度を考慮して施術プランをたてます。
そして施術方法を詳しくご説明いたします。
STEP4

施術を開始します

患者さまにあった施術をいたしますのでご安心下さい。ご安心ください。日常生活での注意位事項や自宅で出来る運動療法などもアドバイスいたします。
※事故直後はできるだけ毎日通院して下さい。施術費は一切掛かりません。
※事故直後の施術が肝心です。この時期にしっかり施術しないと長引きます。
STEP5

施術終了

通院お疲れ様でした。痛みが無くなったことを確認して、施術を終了いたします。
示談の書類などについて、詳しくご説明いたします。

交通事故と保険の関係

交通事故に遭われて「どうしていいかわからない」「治療はどうしればいいのだろう」「治療費ってどうなるの?」
などでお困りの方のお悩みにお答えします。

ご存知でしたか?交通事故後の補償のポイント

治療費
交通費
治療費
交通費
PAGE TOP